ウェルネット > 外国人技能実習制度における養成講習 > 各講習の違い

各講習の違い

あなたが受けるべき講習は?

●監理団体の方で
 監理責任者となる方
●外部役員・外部監査人
 となる方

あなたは

監理責任者等講習

を受講します

詳細

●実習生を受け入れる
 実習先の責任者
 となる方

あなたは

技能実習責任者講習

を受講します

詳細

●実習先で
 実習生に技能・技術
 を指導
する方

あなたは

技能実習指導員講習

を受講します

詳細

●実習先で
 実習生に日本での
 生活面を指導
する方

あなたは

生活指導員講習

を受講します

詳細


監理責任者等講習

受講対象者

  • 監理事業を行っている者又は行おうとする者により、監理責任者、指定外部役員又は外部監査人として選任されている者(選任予定の者も含む。)
  • その他監理責任者等講習を受講して、監理事業に関する一定水準の知識を習得し、理解を深めようとする者(監理団体の監理責任者以外の監査を担当する職員を含む。)

※監理責任者、指定外部役員、外部監査人は、3年ごとに1度、当講習を受講する義務があります。

※監理責任者・指定外部役員・外部監査人の方は経過措置により、受講義務は2020年3月31日までは適用されませんが、2020年4月1日以降は適用されます。

※監査担当職員の方は2019年4月1日より、優良な監理団体等の要件における加点の対象となります。

選任要件

次の条件を満たす者とし、欠格事由に該当する者、過去5年以内に出入国又は労働に関する
法令に関し不正又は著しい不当な行為をした者、未成年者を除く。
(1)監理団体の常勤の役員若しくは職員である者
(2)監理団体の事業所に所属する者
(3)監理責任者の業務を適正に遂行する能力を有する者
(4)過去3年以内に法務大臣及び厚生労働大臣が告示で定める講習を修了した者

開催日程等

監理責任者等講習の開催日程、講座代金、カリキュラム 、お申込み手順は
こちらから ご確認ください。


技能実習責任者講習

受講対象者

  • 技能実習生を受け入れて技能実習を行わせている者又は行わせようとする者により、技能実習責任者に選任されている者(選任予定の者も含む。)
  • その他技能実習責任者講習を受講して、一定水準の知識を習得し、理解を深めようとする者

※技能実習責任者は、3年ごとに1度、当講習を受講する義務があります。

※技能実習責任者の方は経過措置により、受講義務は2020年3月31日までは適用されませんが、2020年4月1日以降は適用されます。

選任要件

次の条件を満たす者とし、欠格事由に該当する者、過去5年以内に出入国又は労働に関する法令に関し不正又は著しい不当な行為をした者、未成年者を除く。
(1)実習実施者又はその常勤の役員若しくは職員である者
(2)自己以外の技能実習指導員、生活指導員その他の技能実習に関与する職員を
  監督することができる立場にある者
(3)過去3年以内に法務大臣及び厚生労働大臣が告示で定める講習を修了した者

開催日程等

技能実習責任者講習の開催日程、講座代金、カリキュラム 、お申込み手順は
こちらから ご確認ください。


技能実習指導員講習

受講対象者

  • 技能実習生を受け入れて技能実習を行わせている者又は行わせようとする者により、技能実習指導員に選任されている者(選任予定の者も含む。)
  • その他技能実習指導員講習を受講して、一定水準の知識を習得し、理解を深めようとする者

※当講習は、優良な実習実施者の要件である「技能実習指導員の講習」に該当します。

※技能実習指導員の方は2019年4月1日より、優良な実習実施者等の要件における加点の対象となります。

選任要件

次の条件を満たす者とし、欠格事由に該当する者、過去5年以内に出入国又は労働に関する法令に関し不正又は著しい不当な行為をした者、未成年者を除く。
(1) 実習実施者又はその常勤の役員若しくは職員のうち、技能実習を行わせる事業所に
   所属する者
(2)修得等をさせようとする技能等について5年以上の経験を有する者

開催日程等

技能実習指導員講習の開催日程、講座代金、カリキュラム 、お申込み手順は
こちらから ご確認ください。


生活指導員講習

受講対象者

  • 技能実習生を受け入れて技能実習を行わせている者又は行わせようとする者により、生活指導員に選任されている者(選任予定の者も含む。)
  • その他生活指導員講習を受講して、一定水準の知識を習得し、理解を深めようとする者

※当講習は、優良な実習実施者の要件である「生活指導員の講習」に該当します。

※生活指導員の方は2019年4月1日より、優良な実習実施者等の要件における加点の対象となります。

選任要件

次の条件を満たす者とし、欠格事由に該当する者、過去5年以内に出入国又は労働に関する法令に関し不正又は著しい不当な行為をした者、未成年者を除く。
(1) 実習実施者又はその常勤の役員若しくは職員のうち、技能実習を行わせる事業所に
   所属する者

※技能実習責任者、技能実習指導員及び生活指導員は、各々に求められる要件を備えた上であれば、兼務することは可能である。

開催日程等

生活指導員講習の開催日程、講座代金、カリキュラム 、お申込み手順は
こちらから ご確認ください。


※技能実習責任者、技能実習指導員及び生活指導員は、各々に求められる要件を備えた上であれば、兼務することは可能である。