ウェルネット > 各種実務セミナー > 入管法改正と登録支援機関の登録申請手続き実務セミナー

監理団体役職員、有料職業紹介事業者、社会保険労務士等のための
入管法改正と登録支援機関の登録申請手続き実務セミナー

平成30年12月8日、第197回国会(臨時会)において「出入国管理及び難民認定法及び法務省設置法の一部を改正する法律」が成立し、同月14日に公布されました(平成30年法律第102号)。また、平成30年3月15日政省令の交付に伴い、外国人技能実習生で2号技能実習を修了した者を新たな在留資格「特定技能1号」として労働に従事させることができるようになりました。
これに伴い、組合員等の利便性を図るため、引き続き「登録支援機関」として出入国在留管理庁に登録を検討する団体、会社等も多くなっています。
当セミナーでは入管法の改正内容の詳細や登録支援機関としての登録手続きについて解説いたします。
※当講習は、株式会社ウェルネット、株式会社アプエンテによる共同開催となります。

対象者

・監理団体役職員
・優良職業紹介事業者
・社会保険労務士、申請取次行政書士

開催日

※いずれも同内容で実施します。
・4月26日(金)10:00~16:00 → 定員のため受付終了
・5月24日(金)10:00~16:00
・6月10日(月)10:00~16:00

開催場所

株式会社アプエンテ講習会場    → 地図
(東京都新宿区歌舞伎町2-46-3 西武新宿駅前ビル8階)
※JR新宿駅西口徒歩9分、西武新宿駅北口徒歩1分

講座代金

お一人様 12,960円(本体価格12,000円 消費税960円)

講師 

株式会社ウェルネット専任講師 廣瀬 幹

行政書士 

外国人技能実習制度と入管法など外国人雇用の法務を得意とする。行政書士として外国人のビザ取得支援や監理団体の立ち上げ、外部監査に携わるかたわら、外国人建設就労者を受け入れる監理団体・受入企業への巡回指導を行う。受講生からは、とてもわかりやすい講義で、難しい内容がよくわかったという評価を最も多く得ている。

カリキュラム

※都合により、カリキュラムの一部を予告なく変更する場合がございます。

Ⅰ 入管法改正(政省令含む)
  1.入管法改正内容
    (1)外国人材の受入れ体制
    (2)制度概要 
       ①在留資格について 
       ②受入れ機関と登録支援機関について
    (3)新たな外国人材受入れ制度(外国人材用)
    (4)新たな外国人材受入れ制度(受入れ機関用)
    (5)特定技能における分野別の協議会について
    (6)新たな外国人材受入れ制度(登録支援機関用)
    (7)主な提出書類一覧
    (8)届出・報告一覧
    (9)在留資格「特定技能」の新設に係る特例措置
  2.特定技能運用要領
    (1)特定外国人の受入れに関する運用要領
    (2)1号特定外国人支援に関する運用要領 
Ⅱ 登録支援機関登録手続きの実務
  1.登録支援機関
    (1)特定技能ビザ(特定技能外国人・特定技能所属機関)
    (2)登録支援機関が行う支援内容(1号特定技能外国人支援)
    (3)「登録支援機関」として登録申請する会社等
  2.登録支援機関の登録要件
    (1)登録要件
    (2)欠格事由
  3.登録支援機関の登録申請方法
    (1)申請先
    (2)申請方法
    (3)申請用紙
    (4)添付書類
Ⅲ 質疑応答


お申込み