ウェルネット > 安全衛生推進者・衛生推進者 > 講師紹介

講師紹介

山根裕基 講師
(代表取締役、講師統括、衛生工学衛生管理者、作業環境測定士、
 安全管理者選任時研修講師、中小企業診断士)

「労働者の安全と健康を図り、命を守る」、それは事業場の規模に関わらず、会社が負う大きな責任です。小規模事業場においてその責任を果たす中心人物が安全衛生推進者または衛生推進者ですが、小規模事業場の場合、他の業務に追われなかなか安全衛生活動が進められないといった声もあるのが実情です。当講習では、具体的事例や演習を通し、専任の担当者を置くのが難しい小規模事業場でも効果的・効率的に進められる安全衛生の知識とスキルを伝授します。


山根義信 講師
(講師統括補佐、作業環境測定士、東洋大学非常勤講師、
 社会保険労務士、中小企業診断士)

事業場の労働者規模に関わらず、安全衛生管理体制を構築しなければならず、常時使用する労働者の数が10~49人規模の事業場の場合に事業者の指揮を受ける安全衛生推進者又は衛生推進者を選任することになっています。ウェルネットは事業場において安全衛生の実務に従事するプロを育成いたします。


阿部丈夫 講師
(労働安全コンサルタント、第一種衛生管理者)

労働安全衛生法においては、事業場の規模、業種に応じて安全衛生管理体制を確立させ、労働者の安全と健康を守る必要があります。本講習は、10名~49名の規模の事業場において選任要件となる推進者を養成する講座です。
労働安全衛生法においては、事業場の規模、業種に応じて安全衛生管理体制を確立させ、労働者の安全と健康を守る必要があります。当講習を通じて、労働災害のない、よりよい職場づくりを目指して頂きたいと思います。


粟屋雅志 講師
(安全管理者選任時研修講師)

小規模事業場の安全衛生を管理し、快適な職場づくりを実現することが、安全衛生推進者の役目です。
当研修においては、講義、演習等を通じて、安全衛生に関わる知識レベルのアップ、作業におけるリスクの低減方法の習得が実現できるよう、安全管理者、衛生管理者としての現場経験を生かして、皆さまのお役に立てるような分かりやすい研修を目指します。


石塚淳子 講師
(労働衛生コンサルタント)

労働力確保が社会問題となっている今、すべての事業場で働く人材を『人財』として、安全と健康を守っていくことが重要な責務となっています。小規模事業場で選任しなければならない安全衛生推進者または衛生推進者はそのための中心的な役割を果たすことになります。忙しい日々の中であっても、積極的に推進者として行動していけるようになるために、たくさんの事例を紹介しながらお話をさせていただきます。


大谷洋 講師
(特定社会保険労務士、中小企業診断士、安全管理者選任時研修講師)

「安全第一」、「かけがいのない一人」、「ゼロ災!よし」、これらの言葉は決して忘れてはならないものです。安全衛生の知識はなぜ必要なのでしょうか?それは間違いなくあなた自身を守るためです。あなたが怪我や病気になられたら悲しむであろう家族のためです。そしてあなたの友人、職場の方々、周囲の方々のためでもあります。安全があって初めていいものをつくることができ、いいサービスを提供できます。日々「ご安全に!!」で行きましょう!!
「安全第一」「かけがえのない一人」「ゼロ災!よし」
これらの言葉は決して忘れてはならないものです。安全衛生の知識は、あなた自身やご家族、そして職場の方々を守るために必ず必要であり、「安全」があってこそ、初めて良い商品やサービスを提供することができます。日々「安全」に過ごせるように、当講習で学んで頂きたいと思います。


今井直行 講師
(安全管理者選任時研修講師)

我が国の労働災害による被災者数は減少傾向にありますが、全労働者約6,250万人(労働力調査より) のうち、今なお年間48万人が被災しており、特に中小規模事業場では発生率が高く推移しています。
研修では事例、演習を通じ、労働災害防止に必要な知識・対策を体得して頂きます。
現場で活用できることを最優先に講義致します。


小菅将樹 講師
(社会保険労務士、労働衛生コンサルタント)

労働衛生の基本は、作業環境管理・作業管理・健康管理といわれる3管理に労働衛生教育・労働衛生管理体制を加えた5管理の理解が大切です。職場巡視をする時にどんなところを見る?といったことや、具体例を使って現場のイメージを持てるようにするとともに、初めて労働衛生について聞く方がこの分野を身近に感じてもらえるよう、私たちの日常で起きていることを取り上げてお伝えします。
労働衛生は、作業環境管理・作業管理・健康管理といわれる3管理が基本です。安全衛生推進者等は、ここに労働衛生教育・労働衛生管理体制を加えた5管理を理解することが大切です。初めて労働衛生について携わる方がこの分野の職務を遂行できるよう、職場巡視のチェックポイント等具体例をあげながら、わかり易くお伝えします。


今野節男 講師
(労働安全コンサルタント、第一種衛生管理者、
 職長安全衛生責任者教育講師)

50年に及ぶ自身の実務経験を踏まえながら、「安全衛生パトロールのやり方」「健康管理の指導方法」「長時間労働対策の対応方法」「ハラスメント対策の対応方法」など実際に経験したことをわかりやすくお伝えいたします。受講生が理解して、実務に活かせる講習を行っています。


酒井恒 講師
(中小企業診断士、安全管理者選任時研修講師)

厚生労働省のデータによると、労働者数50人未満の小規模事業場では、大規模事業場に比べて労働災害の発生率が高くなっています。安全衛生推進者等は、労働安全衛生法で選任が義務付けられている小規模事業場における労働災害防止のキーパーソンです。当講習では、労働安全衛生法の内容を、すぐに実践で活かせるよう事例を交えて分かりやすく解説します。講習を通じて、労働災害0の事業場を目指しましょう。


佐々木あゆみ 講師
(社会保険労務士、第二種衛生管理者)

現在、国が推進している「働き方改革」に伴い、労働衛生の重要性が高まっております。労働に関する法律改正が度々行われている状況の中で、担当者の正しい知識が求められる時代です。しかしながら、テキストだけ読んでも難解であったり、分かりづらい点があるのが「労働衛生分野」だと思います。当講習では、実際に各企業で行わなければならないことを把握し、労働衛生環境が少しでも改善されるよう手助けをさせていただきます。


椎野由裕 講師
(労働安全コンサルタント、労働衛生コンサルタント)

安全衛生推進者等は、見慣れた職場の中のさまざまな業務や作業者の中に事故を予見し、不安全状態、不安全行動を発見し、組織を通じて改善指導しなければなりません。少しでも意識の転換、具体的な推進のヒントをもって職場に帰れるように努めて講義いたします。 一緒に事故のない生き生きとした職場を作りましょう。


只野和好 講師
(安全管理者選任時研修講師、安全管理者能力向上教育講師 )

現場・現物を見るのが1番参考になると考えております。とは言っても、講習はどうしても座学中心です。そのため、出来るだけ写真や可能な限り実物を見ていただき、またグループ討議を通じてすぐに役立つ知識や情報を取得出来る講習を目指しております。


山科泰之 講師
(安全管理者選任時研修講師、職長・安全衛生責任者教育講師 )

大手製造業で専任安全衛生担当として、研究開発部門に対する安全衛生管理を30年間、指導援助してまいりました。現場の作業環境は生産状況や工程の変化により日々姿を変え、それに伴う作業方法の変化により生じる不安全状態や不安全行動の未然防止が労働災害防止の原点であると考えております。安全衛生教育を通じ、皆さまの事業場の安全衛生活動をお手伝いさせていただき、安心・安全な職場づくりのお役に立ちたいと思います。


田村紀裕 講師
(労働安全コンサルタント、労働衛生コンサルタント)

企業の根幹を担う安全衛生管理は重要であるにもかかわらず、中小企業では十分な対応ができていないのが現状です。安全衛生推進者・衛生推進者は、安全衛生管理の推進役であると共に、経営者・事業者のブレーンでもあります。当講習では、豊富な現場経験を活かして具体的な事例を挙げながら、難しい専門知識もかみ砕いて解説いたします。また、演習を交えた講義で短期間での知識習得を目指します。