ウェルネット > 職長教育・安全衛生責任者教育 > 講師紹介

講師紹介

山根義信 講師
(ウェルネット代表取締役、東洋大学非常勤講師、
 職長・安全衛生責任者教育講師)

山根

部下の労災事故に対して、作業を直接、指示・命令する職長には重い責任が課せられています。部下への作業指示の仕方、部下の育成、部下に対する安全配慮義務などをしっかり学んでいただくとともに、特に「災害原因の調査と再発防止対策」「作業手順書の作り方」「リスクアセスメント」「安全衛生計画の作り方」については職長に必要なスキルを身につけるため演習方式で教育を展開いたします。


山下和雄 講師
(労働安全コンサルタント、職長・安全衛生責任者教育講師)

山下和雄

職長・安全衛生責任者は、作業者を直接指揮監督する地位にあり、作業者及び作業現場の安全衛生を確保するキーマンです。この職長・安全衛生責任者の教育は、人に関すること、作業に関すること、物に関すること、そして統括管理に関することが教育内容となっています。この内容の理解を深めるための事例や写真並びに参考資料を取入れて、職長・安全衛生責任者が行う安全活動の大切さを伝える講習を行います。


中井知章 講師
(労働安全コンサルタント、職長・安全衛生責任者教育講師)

山下和雄

事故災害を未然に防止するためには、リスクを低減するための防御壁(リスク低減措置)をつくらなければなりません。職長・安全衛生責任者は、この防御壁をつくるリーダー的存在で、特に安全意識のレベルアップが最も重要です。講習では、安全意識の徹底した教育とリスクアセスメントのグループ討議によって、安全意識のレベルアップとリスクアセスメント手法の習得を確実にします。