ウェルネット > ストレスチェック実施者養成研修 > 講師紹介

講師紹介

長谷川 崇講師
(医学博士、日本医師会認定産業医、日本精神神経学会精神科専門医・指導医、労働衛生コンサルタント(保健衛生))

長谷川

企業にとって、社員に健康で元気に働き続けてもらうことは、企業の生産性にも関わる重要な課題です。近年のIT化やグローバル化の進展、リストラや成果主義といった人事制度改革などにより、働く人々は大きな時代の変化に直面しています。それに伴い、ストレスによる緊張が続き、心身の不調を訴える方が急増しています。ストレスチェックは、これらの働く人々のメンタルヘルス不調を未然に防ぐことに有用な制度です。そして、制度をより効果的にするためには、実施者が中心となり運用していくことが大切です。ぜひ本講座で実施者としての理解を深め、企業での実務に役立ててください。


後藤 美穂講師
(保健師、CNSネットワーク協議会代表理事)

後藤

働く人のメンタル不調を未然に防いで、イキイキとした職場環境を実現するために、ストレスチェック制度は有用です。看護師・精神保健福祉士のみなさん、当講座を受講することにより、ストレスチェック実施者となることができます。新たなキャリア形成・スキルアップのために、ストレスチェック実施者の資格を取得してみませんか?
精神科の看護師を経てから企業保健師として働いた経験を元に、はじめてでも分かりやすく、産業保健の基礎からストレスチェック制度の運用とその後の活用方法についてご紹介させていただきます。あなたも是非、これを機会にストレスケア実施者として産業保健に携わってみませんか?


石塚 淳子講師
(労働衛生コンサルタント、保健師、産業カウンセラー)

石塚 淳子

ストレスチェック制度が施行されて、メンタル不調の未然防止のために「実施者」の役割が重要であることが改めて認識されています。信頼される実施者になるために必要なスキルとは何か。働く人たちとどのように向き合っていけばいいのか。長年にわたる保健師経験でのエピソードも交えながら皆様の新たなチャレンジのお手伝いをします。


石田 佐地子講師
(保健師、第1種衛生管理者)

石田 佐地子

職場のメンタルヘルスのケアは、本人だけでなく、その上司や経営者側へ働きかけることもあります。ストレスチェック実施者も、労働者と組織の両者へのアプローチが必要になります。研修では、この点をおさえ、労働衛生の基本やストレスチェック実施者として計画から関わった実務経験を交えてお伝えします。そして、皆様が実施者として、働く人と職場のかけ橋になる事を期待しています。


市川 富美子講師
(保健師)

働く場所というのは、誰にとっても何らかのストレスが生じる場所でもあります。しかし、そのストレスが、ご本人にとって抱えきれないものとなる前に、未然にできる対応がいくつかあると思います。今回導入されたストレスチェックもその一つであると言えるでしょう。
働く人たちの心身共に、健康を守る一助になりませんか?
働く人たちが、元気で思い切りパフォーマンスをあげられることは、社会全体が元気になることにも関わってきます。ストレスチェック実施者の役割は、そんな位置づけにもあると思います。一人でも多くの方のご参加をお待ちしています。


額田 明美講師 
(保健師)

社員が「働いていて楽しい!」と思えるためには、心身ともに健康な状態が必要であり、会社は様々な角度から就業環境を整備する必要があります。その中でもメンタルヘルスに対する取り組みは非常に重要であり意義のあることだと思われます。
私は看護師・精神保健福祉士のみなさんに、ストレスチェック実施者になってもらい一人でも多くのメンタル不調者を予防したいと思っています。単なるメンタルヘルス対策としてではなく社員が「働いていて楽しい!」と思える環境を目指して一緒にメンタルヘルス対策に取り組んでいきましょう。


中村 智江講師 
(保健師)

ストレスチェックの導入により、医療職の活躍する分野が増えてきました。働いている方が、心地よく、快適に職場生活を送ることができるための大切な役割の一端を、あなたも担ってみませんか。メンタルヘルスは奥深く、多方面から人をみる視点が養えます。また、この仕事は、働くひとの気持ちに寄り添いながら職場との連携を必要とし、様々な職種の方たちと触れ合うことも出来るので自分自身の学びの場にもなりますよ。