ウェルネット > 衛生管理者試験講座 > よくあるご質問

よくあるご質問衛生管理者に関してお寄せいただく、よくあるご質問をまとめております。

 


質問文をクリックすると回答を見ることができます
[全ての回答を見る]  [全ての回答を閉じる]

受験申し込み手続き等

受験申し込み全般

第1種と第2種のどちらを受験したらよいでしょうか?
第1種衛生管理者免許を有する者は、すべての業種の事業場において衛生管理者となることができます。第2種衛生管理者免許を有する者は、情報通信業、金融・保険業、卸売・小売業など有害業務と関連の薄い一定の業種の事業場においてのみ、衛生管理者となることができるようになっています。現在勤務されている事業場の業種や今後、勤務される可能性のある事業場の業種を考慮してどちらかを選択されるとよいでしょう。
ウェルネットで受験申込手続き代行はやっていますか?
ウェルネットでは受験申込手続き代行は行っていません。万一の事故防止のため、受験手続は受験されるご本人様に行っていただいておりますのでご理解のほどお願いいたします。
衛生管理者試験に免除科目制度はありますか?
船員法による衛生管理者適任証書の交付を受けた者で、その後1年以上労働衛生の実務に従事した経験を有する者は「労働生理」の科目が免除されます。
現在は上記以外の免除科目制度はございません。
参考までに以下の者は、衛生管理者の資格を予め有していますので衛生管理者試験を受験しなくても事業場において衛生管理者として選任されることができるようになっています。
 ・医師
 ・歯科医師
 ・薬剤師の有免許者
 ・保健師の有免許者
 ・労働衛生コンサルタント
 ・特定大学等の学科を専攻、卒業した者で特定の労働衛生に関する全ての学科を履修した者
試験を受けるにはどこに問い合わせしたらいいですか?
全国に7箇所設けられている受験予定地の安全衛生技術センターにお問い合わせいただくようになります。詳しくは公益財団法人安全衛生技術試験協会のホームページでご確認ください。
2種免許を持つ者が1種試験を受験するにはどうしたらいいですか?
第2種衛生管理者免許を有する者に対して『特例第1種衛生管理者免許試験』が用意されています。第2種衛生管理者免許の写しを添付して受験申請を行います。
安全管理者と衛生管理者、どちらが必要なのでしょうか?
安全管理者は事業場の安全管理に関する技術的事項を担当する者、衛生管理者は事業場の衛生管理に関する技術的事項を担当する者と位置づけられており、担当する職務が安全管理と衛生管理で異なっています。また、労働安全衛生法では50人以上の労働者を使用するすべての事業者に衛生管理者の選任義務が課せられており、安全管理者は50人以上の一定の事業場の事業者に選任義務がありますので事業場の規模や業種、また管理すべき内容によってどちらが必要なのかが異なっています。
衛生管理者免許を持っていると安全管理者選任時研修で免除科目はあるの?
衛生管理者免許を有していても安全管理選任時研修の科目免除はありません。
最初に2種免許を取得してから第1種試験を受験した方が簡単ですか?
最終的に第1種免許を取得されることが目標であるならば、最初から第1種試験を受験されることをウェルネットではお勧めしています。というのは、第2種免許を取得してから、特例第1種免許試験を受験すると、有害業務に係る科目だけで合格基準の60%以上の得点を確保しなければならず、合格に向けてのハードルがやや高くなると考えられるからです。(最初から第1種衛生管理者試験を受験されると科目全体で60%以上を確保すればよく、受験生の方が一般に苦手とされる有害業務に係る科目が仮に40%以上の得点であっても合格できるからです。)
私は全然自信がないけれど、3回くらい受ければ合格できますか?
初めて衛生管理者試験を受験される方の中で、科目範囲の広さや出題される問題の難易度から「自信が無い」と感じる受験生の方がいらっしゃいますが、ウェルネットでは初学者の方を前提にした講義や教材を用意いたしており、覚えやすい語呂合わせなどを用いて講義しますので、ご安心ください。大部分の受験生の方は1回で合格されているウェルネットの受験指導にご期待ください。

受験願書

受験願書はどこに請求すればいいですか?
全国に7箇所設けられている受験予定地の安全衛生技術センターにご請求いただくようになります。。詳しくは公益財団法人安全衛生技術試験協会のホームページでご確認ください。
受験申込み(願書)の受付期間はいつからいつまでですか?
実施される試験日ごとに願書の締切日が定められており、郵送による方法と直接持参の場合で異なります。公益財団法人安全衛生技術試験協会にお問合せください。
2ヵ月後受験資格の要件を満たしますが今から試験申込はできますか?
受験資格は受験願書を提出する時点(試験申込時点)で要件を満たしていなければなりません。よって、この場合は試験申込ができません。
受験に必要な書類にどのようなものがありますか?
受験申請には免許試験受験申請書と添付書類が必要です。添付書類には以下のものがあります。
(1)本人確認証明書(氏名、生年月日及び住所を確認できる書面)
  住民票、健康保険被保険者証の写、自動車運転免許証等いずれか一つ
(2)事業者証明書
(3)学校の卒業証明書又は卒業証書の写
  受験資格により添付書類が異なりますので、詳細は公益財団法人安全衛生技術試験協会が発行する「免許試験受験申請書」をおとり寄せの上、ご確認ください。
卒業証書の写しに必要な原本証明とは何ですか?
受験申請時に卒業証書の写(コピー)を添付書類として提出する場合には、その裏面又は余白に事業者が卒業証書の原本と内容が相違ないことを証明する原本証明が必要となります。受験者が事業者に対して卒業証書の原本とその写しを一緒に提出し、原本と相違ないことを証明してもらうことになります。もし、事業者から原本証明が得られないときは資格を与えた機関、近くの労働局又は労働基準監督署に原本と写しを持参すれば証明を受けることができます。また、安全衛生技術試験協会本部、各センターでも証明を受けることができます。
ウェルネットに受験願書はありますか?(もらえますか?)
ウェルネットでは受験手続に関する万一の事故防止のため、受験手続の代行は行っていません。そのため受験願書も直接ご本人様が安全衛生技術センターからお取り寄せいただくようになります。受験願書の入手方法に関しましては公益財団法人安全衛生技術試験協会のホームページでご確認ください。

事業者証明、実務経験

事業者証明書とはどのようなものですか?
受験資格のひとつとして必要となる労働衛生の実務経験を事業者等が証明した書面のことです。事業者等とは事業場を代表する者(社長、支店長、工場長、市長等)または、業務経験を管理する部門長(人事部長、総務部長等)をいいます。
事業者証明に必要な実務経験にはどのようなものがありますか?
以下の13項目があります。
 1.健康診断実施に必要な事項又は結果の処理の業務
 2.作業環境の測定等作業環境の衛生上の調査の業務
 3.作業条件、施設等の衛生上の改善の業務
 4.労働衛生保護具、救急用具等の点検及び整備の業務
 5.衛生教育の企画、実施等に関する業務
 6.労働衛生の統計の作成に関する業務
 7.看護師又は准看護師の業務
 8.労働衛生関係の作業主任者としての業務
 9.労働衛生関係の試験研究機関における労働衛生関係の試験研究の業務
 10.自衛隊の衛生担当者、衛生隊員の業務
 11.保健所職員のうち、試験研究に従事する者の業務
 12.建築物環境衛生管理技術者の業務
 13.その他(                    )
これらのいずれか1つ又は複数を選択して○を付けることで事業者等が証明いたします。
前職での実務経験は受験資格になりますか?
前職の実務経験も受験資格になります。実務経験の期間が、二以上の事業場の勤務年数を合算しなければならないときは、それぞれについて事業者証明が必要になります。
受験資格にはどのようなものがありますか?
受験資格の詳細は「衛生管理者とは」のページでご確認ください。
今の職場で事業者証明を出してくれないのですが試験を諦めるしかないですか?
事業者証明書はすべての受験資格で必要になりますので、実務経験がある以上はなんとしても諦めないで事業者証明をしてもらえるよう努力してみてください。以下の方法を検討されてはいかがでしょうか?
1. 今の職場で根気よく、事業者等を説得してみる
2. 社内的に事業者証明を発行できる権限のある他の人に相談してみる
  (事業者等とは事業場を代表する者(社長、支店長、工場長、市長等)または、業務経験を管理する部門長(人事部長、総務部長等)をいいます。)
3. 前職の勤務先があれば事業者
労働衛生の実務に従事した期間とはどういうことですか?
上記「事業者証明に必要な実務経験」の内容の業務に実際に従事した期間のことを指しています。
労働衛生の実務とはどういう具体的な実務のことですか?
よくお問い合わせいただく項目について、一般的な事例で説明すると、例えば以下のものなども含まれます。
1.健康診断実施に必要な事項又は結果の処理の業務
  ・会社の定期健康診断の運営業務・運営補助業務
2.(省略)
3.作業条件、施設等の衛生上の改善の業務
  ・職場の業務改善提案(衛生に関するものに限る)
  ・作業方法や作業時間の改善変更、職務の見直しの業務
  ・事業場内施設、設備の清掃や手入れ業務
  ・随時清掃、定期清掃の業務
4.省略)
5.衛生教育の企画、実施等に関する業務
  ・衛生教育の講師業務
  ・衛生教育の社内通知業務 等
労働衛生の実務に従事した期間とはアルバイト期間も含まれるのですか?
実務経験の期間は雇用形態に関わりません。正社員、パート、アルバイト、派遣社員、契約社員、嘱託社員などの名称は一切問いません。
労働衛生の実務に従事した期間とは週3日勤務でも含まれるのですか?
期間とは日数を意味するものではありませんので、週3日勤務でももちろん含まれます。

受験料

受験料はどのように納付すればいいのですか?
「免許試験受験申請書」に綴り込まれた払込用紙を必ず使用して最寄の郵便局又は銀行で払込手続きを行います。払込受領書は領収証に代わるものですので大切に保管してください。払込用紙の5連のうち右の2片について、領収印を確認し、「郵便振替払込受付証明書(お客さま用)」を受験申請書の所定欄に貼付して受験申し込みを行うことになります。

合格発表

合格発表はいつ、どのように行われますか?
合格の場合は「免許試験合格通知書」又は「免許試験結果通知書」で結果が安全衛生技術センターより知らされます。また受験したセンターの掲示板に合格者一覧表(受験番号のみ)が一週間程度掲示されます。また、公益財団法人安全衛生技術試験協会のホームページ上にも合格者の受験番号が掲示されることになっています。

出張試験

出張試験とは何ですか?
衛生管理者試験は通常、公益財団法人安全衛生技術試験協会の全国7箇所の安全衛生技術センターで毎月試験が行われていますが、試験会場が全国で7箇所しかないため、1年に1~2回を各都道府県に試験会場を設置して行われる試験のことを出張試験と呼んでいます。
都道府県ごとの出張試験はいつ、どこで行われるのですか?
出張試験の日程は公益財団法人安全衛生技術試験協会のホームページでご確認いただけます。
出張試験を照準にした受験対策講座はありますか?
当社の衛生管理者受験対策公開講座は、全国17箇所の会場にて開催していますが、すべての都道府県で開催しているわけではありませんので、各都道府県すべての出張試験に対応できておりません。ただ、現在開催している17箇所の公開講座の日程は出張試験も照準にしながら開催日程を決定させていただいておりますので、ご自身の学習計画と照らし合わせながら最もご都合のよい日程で公開講座にご参加ください。
出張試験の合格発表はいつですか?
出張試験の合格発表時期は出張試験が実施される各都道府県ごとに異なります。詳細は安全衛生技術試験協会にお問い合わせください。
合格の場合は「免許試験合格通知書」又は「免許試験結果通知書」で結果が安全衛生技術センターより知らされます。また受験したセンターの掲示板に合格者一覧表(受験番号のみ)が一週間程度掲示されます。また、公益財団法人安全衛生技術試験協会のホームページ上にも合格者の受験番号が掲示されることになっています。
出張試験の申込方法はどうすればいいですか?
各都道府県単位で行われる出張試験の「出張特別試験案内」「免許試験受験申請書」は各地区ごとに作成されており、受験を希望する地区の労働基準協会(連合会)、または公益財団法人安全衛生技術試験協会各センターで入手して試験申し込みを行ってください。受験申請書の提出先、受付期間等も、各センターで実施する試験と異なりますのでご注意ください。詳しくは公益財団法人安全衛生技術試験協会のホームページで確認ができます。
  http://www.exam.or.jp/exmn/H_syucho.htm
出張試験の問題は特別な問題なのですか?
出張試験だからといって特別な問題を出題していることはないようです。
出張試験の申し込み状況はどこに聞けばいいですか?
公益財団法人安全衛生技術試験協会にお問い合わせください。
  http://www.exam.or.jp/exmn/H_syucho.htm
試験申込みは、どこで行えばよいのですか?
受験申請書の提出先、受付期間等は、各センターで実施する試験と異なります。例えば、東京の出張試験の場合は(社)東京労働基準協会連合会に行います。詳しくは公益財団法人安全衛生技術試験協会のホームページで確認ができます。
  http://www.exam.or.jp/exmn/H_syucho.htm
出張試験の定員は、通常の本試験と同じ定員ですか?
定員は通常の本試験と同様かあるいはそれ以上の定員で行われているようですが、都道府県によっても異なっています。詳しくは公益財団法人安全衛生技術試験協会にお問い合わせください。
  http://www.exam.or.jp/exmn/H_syucho.htm

講座内容

講義内容

講義はどのように進められますか?
講義は受験上のポイントを要約した「これだけノート」を解説する形で進められます。これだけノートでは覚えやすい語呂合わせなどを紹介しており、暗記が苦手な方にも好評を得ています。講義は単にポイント解説するだけでなく、また、精選問題集を用いて具体的な出題例を紹介し、講義解説と具体的な出題例が結びつくように配慮しており、講義後の自宅学習(問題演習)が効率的に行えるようになっています。さらに科目別講義の終了時点で10分程度の理解度テストを行い、知識の定着化を図っています。
教材のご紹介は動画でも行っていますので参考になさってください。
講義内容の質問はどのように受付けていただけますか?
講義時間中のご質問は講義進行上の都合によりご遠慮いただいておりますが、ご質問がある場合は休憩時間、講義終了後の時間をご利用いただき担当講師に直接お尋ねください。
尚、DVD講座においては、ご質問がある場合は、質問票に質問内容を記載いただき、FAX又はEメールにてウェルネットまでご質問をお寄せいただくようになります。できるだけ速やかにご質問に回答させていただいております。
合格率90.1%は本当ですか?
はい。本当です。当社では衛生管理者試験の受験指導を全国の公開講座と企業研修という形で行っています。全国の公開講座においては、受験番号が個人情報ということもあり、完全な状態で情報収集を行うことが困難であるため、受験者の受験番号の情報収集が可能な企業研修に限って合格率を算出しています。よって、ホームページの中でもお知らせしているようにこの合格率は1995年から2016年の企業研修による実績となります。全国の公開講座と企業研修では同一の受験指導を行っており、公開講座においてもほぼ同様の実績が出ているものと受け止めています。
講義で分からなかったことを後日質問できますか?
当社受講生の方のご質問は合格されるまで受付けています。ご質問の方法はEメール(jimukyoku@wellnet-jp.com)やFAX(03-6380-1513)にて講師管理課宛にお願いいたします。1~2日で回答を返信いたします。試験日が近いなどお急ぎの場合はお電話でも受け付けていますが、事務局に当日講師不在の場合は折り返しの回答とさせていただくことがございます。予めご了承ください。
1日コースはないのですか?
当社の衛生管理者講座は1日コース、2日間コース、3日間コースの3つがございますが、現在、公開講座は2日間コースのみ、企業研修はお客様のご要望によりいずれかのコースで実施いたしております。1日コースの公開講座を実施する場合はホームページでご案内いたします。
他の受験機関との違いは何ですか?
ウェルネットの講座は弊社代表の山根義信が全てをコーディネートしています。山根は中小企業診断士試験の受検指導に長く携わり、多くの合格者を輩出してきました。ベストセラーとなる問題集を始め数多くの書籍の出版(100冊以上)、資格情報雑誌「ダイヤモンドエグゼクティブ」や講談社の「資格試験の神様」に資格試験請負人として紹介されるなど、国家資格受験指導の第一人者です。
また、山根自身が中小企業診断士1年、社会保険労務士3ヵ月、行政書士2ヶ月と大型資格で全て短期合格を果たし、このノウハウを平成5年から衛生管理者受験指導に応用しています。弊社の衛生管理者講座は山根の高い合格指導実績・ノウハウに裏付けられている点が差別的な特徴といえましょう。講座につきましては、当ホームページの以下をご参照ください。
講座の特徴  ~4つの特徴~
講座の特徴  ~受講をお考えの方へ~
衛生管理者試験は、独学で合格するのは難しいのでしょうか?
衛生管理者試験を独学で合格することは可能です。衛生管理者試験は、その出題内容の90%近くが過去の試験問題とほぼ同様なものになっています。そのため、過去問題を中心に学習すれば独学でも合格することは可能になります。しかし、独学で合格するためには、3ヵ月近くの十分な学習と250問近くの試験問題の暗記などが必要になります。また、一般に通信教育では学習期間が6ヶ月間程度に設定されています。ウェルネットの講習会では、過去の試験問題を分析し出題ポイントを明確にしたポイント講義を行いますので、余分な内容を暗記する必要もなく学習期間が1週間~1ヶ月程度で十分に合格することが可能なのです。

講師

ウェルネットではどんな方が講師となっているのですか?
ウェルネットには全国に常時約110名の講師が登録しており、企業等のお客様のご要望に応じた研修や公開講座を実施させていただいております。このうち21名が衛生管理者の登録講師です。講師には、労働安全衛生の実務経験豊富な中小企業診断士、労働安全コンサルタント、社会保険労務士等の有資格者から大学准教授(助教授)といった学術的な講義が可能な者まで多彩な顔ぶれとなっています。
教える講師によって内容は変わりますか?
講師によって講義内容が異ならないよう、当社では講師養成研修(『講師養成プログラム』という。)を定期的に行っており、講義内容の標準化に取り組んでいます。講師の話し方など個人的な特徴を除き、講義内容は全国どこの講座をご受講いただいても変わりません。
良い講師が担当する講座に受講したいのですが、もっとも人気の高い講師は誰ですか?
講師の人気に関する調査を行っていないため、正確な情報をお伝えできませんが、受講されたお客様の声をお聞きする限りでは全ての講師の講義内容が評価されています。これも一重に当社の講師養成プログラムによる成果と自負いたしております。よって、講師で講座をお選びになるのではなく、当社のプログラム化された講義内容や教材を信頼いただき、安心してご受講ください。
講師のスキルアップのための取り組みを教えてください。
当社の衛生管理者講師には以下の義務が課せられています。
(1)講師採用時点
  講師採用試験
   a 第1次書類選考
   b 第2次面接選考試験
    ・この2次面接選考試験に合格すると、この時点で最初の講師養成
     研修(18時間)を受講。修了試験に合格した者に第3次実技試験
     の受験資格が与えられます。
   c 第3次実技試験
     模擬講義約2時間を行い、講師採用の可否を決定。
(2)講師採用後
 講師養成プログラム(年2回計2日間)への参加
 <主な内容>
  1.教材の説明要領
  2.労働基準法、労働安全衛生法の法改正箇所の講義要領
  3.カリキュラム変更による講義時間調整要領
  4.模擬講義実習
  5.約半年間のご受講者様の講師評価のフィードバック 等
   ※講師評価が一定の水準に満たない講師にはさらに12時間
    の研修受講が義務付けられます。
(3)講師メルマガの発行
  講師に対して試験情報を補完するため、試験形式や出題傾向の変化
  についてメルマガを発行して講師間の受験情報の偏りがないように
  努めています。

講義レベル

初学者ですが、講義のレベルが高すぎることはないですか?
当社の講座はもともと初学者向けとなっております。永年受験指導に携わる中で初学者の方の疑問点や不安を解消できるよう講座をカリキュラム化していますので講義レベルが高すぎるということはありません。もちろん、個人的な受け止め方の相違はあるかもしれませんが、これまで約4万人の受講者の方から収集した受講後アンケートでも講義レベルが高すぎるといった声はほとんどありませんのでご安心ください。
語呂合わせで教える講義とは具体的にどのような講義ですか?
例えば、有害光線の波長の長さの順番を長い順に『マイワイフと、世界一周、電車の旅』というように長い順に「マイクロ波→赤外線→可視光線→紫外線→電離放射線」というように語呂合わせで覚えていただきます。他にもいろいろと覚え方に工夫していますので、動画による模擬講義もぜひお試しください。
予習しなくても講義についていけますか?
当社の講座を予習と考えていただき、ご自宅での学習を復習と位置づけてください。当社では予め予習して講座にご参加いただくことをお勧めしていません。なぜならば事前の予習は出題されない箇所まで時間をかけて勉強しまう傾向にあり、必ずしも効率学習につながるものではないからです。当社の講座を聴いて受験上のポイントを知ってから学習をスタートさせるので全く遅くはないのです。

講座日程・講義スケジュール

どうして講座の日程が1~3日間と短期なのですか?
当社の講座の日程が1~3日間と短いのは、企業様が社員の方を講座に派遣される場合に、最も派遣しすい日数を考慮しているからです。これが4~5日というように長くなると、企業様にとって派遣中の人件費だけでなく、本来派遣しなければ得られたであろう売上高などの機会損失が発生するため、このことを考慮して短い期間を設定しています。
「有害業務に係るもの」の講義時間が3時間だけで大丈夫?
第1種試験の科目を「有害業務に係るもの以外のもの」と「有害業務に係るもの」に大別した場合、400点満点中、前者が240点、後者が160点となっています(前者が60%、後者が40%の点数配分)。受験生の方の多くは前者と後者の点数配分が半々だというように誤解されている方がいらっしゃいますが、実際には「有害業務に係るもの」の方が点数配分が少なくなっています。また、過去の試験傾向からも「有害業務に係るもの」よりも「有害業務に係るもの以外のもの」の方が問題が複雑であったり、出題内容が多岐にわたっているという傾向から、当社ではこれらを考慮して講義時間を前者に70%、後者に30%というように配分(学習方法の講義時間を除いて割合を計算)させていただいております。もちろん、受験に必要なポイント解説は3時間で十分可能です。
公開講座が行われていない地域で講座を開催していただくことはできないでしょうか?
現在、札幌から博多まで全国25箇所で公開講座を開催させていただいておりますが、開催地でない場合も一定数以上の受講者数が見込める場合は開催を検討させていただきます。例えば、企業様あるいは仲間内で10名様以上の受講者がいるけど講師派遣する企業研修スタイルで行うほどではないといった場合など、臨時で最寄の地域で公開講座を開設いたしますので、当社営業担当までご相談ください。
受験機関によって講習会の日数が違いますが、同じ試験でどうしてこんなに差があるのでしょうか?
第1種衛生管理者試験の講習会を例にした場合、短い場合で1日間、長い場合で6日間の講習会があるようです。そもそも第1種衛生管理者試験の出題範囲は、
(1)関係法令(有害業務を含む)
(2)労働衛生(有害業務を含む)
(3)労働生理
と多様で、細かい内容をテキストにまとめると一般的には6冊分(1冊200頁)ほどの分量になります。そのため、この内容を1~10まで万遍なく学習するには5日ないし6日間の講習が必要になるのですが、実際に試験に出題される内容はこの中のごく一部分であり、その内容のみ講義した場合は1日~2日間の講座日程でも十分対応することができるのです。

合格完全保証制度

試験に不合格だった場合にまた講座を無料で受けられるって本当?
本当です。ウェルネットでは講座を受講した方で万一不合格となられた方の合格までをサポートするために、再度、当社の講座を無料で受講していただくことのできる「合格完全保証制度」を設けています(ただし、講座に残席がある場合に限ります)。合格完全保証制度の利用は、講座受講日から4ヶ月以内に開催される講座に限らせて頂きます。また、全国どこの講座でもご受講いただけます。
合格完全保証制度の手続きについて教えてください。
合格完全保証制度のお申込手順は以下の通りです。なお、原則、お申込みの講座を受けられた方が、受験し、不合格となった場合に当制度をご利用いただけます。

<合格完全保証制度お申込み時に、受講者にご用意いただくもの>
(1)合格完全保証制度を利用し受講するための公開講座申込書
(2)衛生管理者試験の「試験結果通知書」の葉書のコピー(受験日や点数が記載されている面のコピー)

※「試験結果通知書」がない場合、当制度の受付は致しかねます。また、試験を欠席されたことによる不合格は無効です。

<お申込み手順>
(1)公開講座申込書を弊社ホームページよりダウンロードして下さい。公開講座申込書には必要事項を記入し、「合格完全保証制度利用」と欄外の余白にお書き下さい。
(2)衛生管理者試験の「試験結果通知書」の葉書のコピー(受験日や点数が記載されている面のコピー)を、公開講座申込書に添えてお申込み下さい。
(3)お申込みは、添付書類があるため、Fax、郵送どちらかでお送り下さい。
  FAX : 03-6380-1513
  郵送先 : 〒160-0022
      東京都新宿区新宿2-5-12 FORECAST新宿AVENUE 2F
      株式会社ウェルネット 業務部 宛
(4)合格完全保証制度によるお申込は、原則として講座開講日の1週間前までとさせていただきます。(残席のある場合を除きます。)

<合格完全保証制度で受講する際に、受講者にご用意いただくもの>
以前、受講された際にお渡しした資料一式をご持参ください。ウェルネットから再受講時に配布させていただくものは、練習問題だけとなります。

※合格完全保証制度をお申込み後、講座開始6日前からの日程変更は不可です。キャンセルのみ受付致します。
※講座開始6日間から当日までの間にキャンセルされた場合、その次の合格完全保証制度のご利用はできません。ご注意下さい。
※代理店経由の一部の受講者は、合格完全保証制度適用外です。
本試験を受ける前に、もう一度無料で受講することは可能ですか?
当社の講座を受講され、不合格であった場合は合格完全保証制度を利用して、再度無料で講座受講ができますが、講座受講後に本試験を受講していない場合には再度ご受講いただくことはできません。

受講要領

朝、何時から会場に入れますか?
講座開始時刻は9時30分であり、その30分前の9時を開場時刻及び受付開始時刻とさせていただいております。9時前に来場された場合も会場への立ち入りが可能な教室についてはご入室いただくことが可能ですが、9時の受付時刻までお待ちいただくことになりますので予めご了承ください。
講義をMDやテープに録音したり、写真撮影してもいいですか?
講義内容の録音は著作権保護の観点及び講義中の録音操作により他の受講者の集中力を削ぎ、ご迷惑がかかる恐れがあることからご遠慮いただいております。写真撮影についてもできません。悪しからずご了承ください。
休憩時間はありますか?
休憩時間は以下のとおりです。
 午前10時55分~11時05分の10分間
 午後 0時30分~1時30分の60分間
 午後 2時55分~3時05分の10分間
なお、講義進行上の都合により多少前後することがございます。
当日持っていくものは何が必要ですか?
当日は筆記具及びノートなどのメモを取れるものをご用意ください。教材は講座当日の朝、受付時にお渡しいたします。尚、講義をお聴きいただく際に、赤や青などの色のついたボールペンや蛍光ペン(マーカー)などをご用意いただくと重要箇所にマークすることに役立ちますので持参されることをお勧めいたします。
ウェルネットの書籍を買って勉強してから受講した方がいいのですか?
ウェルネットの書籍とは書店等で市販されている参考書や問題集などのことと思われますが、特に必要はございません。講義後に必要に応じて復習用の教材としてお買い求めいただくかは自由です。
問題演習は、別途問題集を自分で用意(購入)するのですか?
ウェルネットの公開講座の教材には受験に最低必要となる問題集が組み込まれています。別途市販されている問題集については、学習時間に余裕がある場合や異なる問題集にもチャレンジしてみたい場合など、ご自身の学習の進捗状況に応じてご購入をご検討ください。
私が住んでいる近所(○○県○○市など)での開催予定はありますか?
当社が行っている公開講座は北海道、宮城、栃木、茨城、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川、静岡、石川、福井、愛知、大阪、兵庫、島根、岡山、広島、山口、香川、福岡、佐賀、長崎、熊本、沖縄の全国25箇所となっています。現在、これらの開催地以外の地区での開催計画はございません。開催時期につきましては、当社のホームページにてご確認ください。
→ 年間開催計画表
50歳代で暗記力が落ちているのですが、講座についていけますか?試験に受かりますでしょうか?
当社の講座は暗記することよりも理解していただくことを推奨しており、また衛生管理者試験の特徴から、問題を解く上での判断力が主に求められる試験です。よって、暗記力よりも理解力や判断力が求められる試験であることを踏まえると、暗記力が落ちていること自体は大きな問題ではないと考えます。それに50歳代はまだまだお若いですよ。当社代表の山根も50歳代ですが、現在も他の大型資格にチャレンジしています。必ず合格できると信じて頑張ってください。
受験資格のない者でも講座受講できますか?
当社の講座は受験資格がない方でもご受講いただくことができます。講座自体に受講資格は設けていません。

効果的な受講の仕方

受講時期

1年を通じてどの時期(季節)に講座を受講するのが望ましいですか?
衛生管理者試験は全国どこの安全衛生技術センターでも最低月に1回以上は行われています(関東安全衛生技術センターでは月に3~4回実施)ので、どの季節にご受講いただいても受験することが可能です。ただし、安全衛生技術センターは全国に7箇所しかないため、お住まいの地域によっては受験地までの距離が遠く、受験困難という場合があります。その場合は、各都道府県の主要都市に年に1回程度ですが出張特別試験が行われていますのでその出張特別試験の行われる時期に照準を合わせて当社の公開講座を受講されるのが望ましいでしょう。
講座日程が自分のスケジュールとどうしても合わないのですが、どうすればいいですか?
公開講座の日程が合わない場合も当社では地域的或いは開催日程のご都合により公開講座に受講困難なお客様に対してDVD講座をご用意いたしております。また、どうしても公開講座に参加を希望されている場合は多少交通費がかかりますが全国で開催されている他地区の公開講座にご参加いただくという方法もございます。ご検討ください。
試験に絶対に受かるにはどうしたらいいですか?
うーん。このご質問に関しましては、とにかく勉強していただくしかありません。当社の公開講座を2日間受講していただき、その後ご自宅で第1種の場合は最低30時間、第2種の場合は最低20時間の問題演習を行ってください。高い確率で合格することができます。絶対に合格していただくためにはさらに学習時間を捻出して問題演習を行う努力をなさってください。頑張っていただきたいです。
2日間の講座終了後、翌日に本試験を受験します。合格できますか?
企業研修では2日間の講座を受講していただいた後、翌日受験して100%の合格率を出されている企業様も多数ありますが、講座の受講にもかなりの集中力が必要ですし、試験日の前夜は徹夜するほどに勉強しなければなりません。できることならば、試験日までにご自宅で第1種の場合は最低30時間、第2種の場合は最低20時間の問題演習を行っていただく時間が確保できる日数を逆算して講座の受講日をお決めいただくことをお勧めいたします。
受講してすぐ受験した方が受かるのでは?
講義内容を忘れないという意味で講座受講後、できるだけ早い時期に受験していただくことをお勧めしていますし、できるだけ早い時期に受験していただいたほうが合格する可能性も高まります。目安は講座受講後1ヶ月以内の受験を心がけてください。もちろん、試験日までにご自宅で第1種の場合は最低30時間、第2種の場合は最低20時間の問題演習を行っていただく時間が確保できるということであれば、試験日までの日数の短縮は可能です。
受講後何日後に本試験を受けるのが望ましいですか?
何日後に本試験を受けるのが望ましいかに関しては、試験日までにご自宅で第1種の場合は最低30時間、第2種の場合は最低20時間の問題演習を行っていただく時間が確保できる日数を考慮して受験日を決定されるとよいでしょう。特に何日後というのは個人のライフスタイルが相違していることから一概に言えません。

予習・復習

講座に参加する前に自宅学習(予習)は必要ですか?
予習はやらないよりはやったほうがいいのは言うまでもありませんが、当社では予め予習して講座にご参加いただくことをお勧めしていません。なぜならば事前の予習は出題されない箇所まで時間をかけて勉強しまう傾向にあり、必ずしも効率学習につながるものではないからです。当社の講座を聴いて受験上のポイントを知ってから学習をスタートさせたほうが効率学習につながると考えています。
講座受講後の復習はどのように行ったらいいですか?
復習は問題演習が中心となります。以下の方法による学習方法をお勧めしています。
<復習の手順>
[手順1]精選問題集を実際に解いてみる。
[手順2]解答・解説を確認する。
[手順3]間違った箇所や解説を読んでも理解できない箇所はこれだけノートで確認する。
[手順4]これだけノートだけでは理解できない場合は、丸わかりテキストの該当箇所を読んで理解する。
以上、手順1~4の繰り返し。
暗記が苦手ですが、復習は暗記中心に行うのでしょうか?
暗記というよりも問題で与えられている選択肢の一つずつが正しいのか、誤りなのかという判断が求められます。実際の試験は当社の精選問題集の類似問題が出題されますので、問題にいち早く慣れることが重要です。そのため、暗記よりも判断力を養う学習方法が望ましいといえましょう。

公開講座申し込み事務手続き等

申し込み手続き

講座の直前に申し込みしたいのですが、かまいませんか?
事務手続き上の都合により、講座開始1週間前に申込を締め切りとさせて頂きます。予めご了承下さい。
講座申し込み後にキャンセルはできますか?
講座申し込み後にご都合でキャンセルされる場合は、Eメール又はFAXにてキャンセルの旨を必ずご連絡ください。
キャンセル料金詳細は、以下のようになっております。
【キャンセル料金について】
後述します特殊なケースを除き、以下のようにキャンセル規定を定めさせていただきます。
●お客様の都合によりキャンセルされる場合
受講初日の1週間前まで・・・無料です。
6日~3日前まで・・・料金の30%をご請求申し上げます。
2日前まで・・・料金の50%をご請求申し上げます。
前日・・・料金の70%をご請求申し上げます。
当日・・・料金の100%をご請求申し上げます。
※ お支払いいただいている方は、キャンセル料を差し引いた金額をご返金させていただきます。キャンセルをお申し出の際、お振込み先口座をお知らせください。
※ クレジットカードでお支払い済みの方は、ご指定口座からお支払い済み受講料金額が引き落としになりますのでご了承ください。
※ お支払いがお済でない方はお振込み指定口座にお振込み下さい。
※ キャンセルの電話連絡受付は、弊社の営業日(土日をのぞく)・営業時間(8:30~17:30)内にいたします。弊社が休業日の場合、キャンセルのご連絡を受け付けられない場合がございますのでご注意下さい。メール連絡受付は、24時間行っています。
●特殊なケースについて
自然災害やストなどにより公共交通機関に乱れが生じたり、運行が休止されたりした場合は、やむを得ぬ事情としてキャンセル料は発生しません。
なぜキャンセル料がかかるのですか?
講座のお申込みに伴い、お席の確保、受講証発行手続事務、お客様の個人情報の管理、教材の準備等の一定の事務及び経費が発生するため、キャンセル規定を設け、講座をキャンセルされたお客様にその経費の一部をご負担いただいております。
コース変更(振替)の場合でもキャンセル料がかかる場合があるのですか?
講座開始日の1週間前までであれば、コース変更は自由に行えます。講座開始日の6日前以降の場合は、キャンセル規定に基づきキャンセル料がかかります。
一度申し込んだ講座の日程の変更は可能ですか?
講座開始日の1週間前までであれば、講座の日程変更は自由に行えます。講座開始日の6日前以降の場合は、キャンセル規定に基づきキャンセル料がかかります。
申込後に申込を受付けた旨の連絡はありますか?
インターネットでお申し込みの場合は、お申し込み後に「お申込み受付のお知らせ」メールを送信致します。なお、お客様のメール環境等でメールを受信できない場合もございます。メールが届かない場合は、お手数ですが当社までご連絡下さい。
FAXでお申込の場合は、ご記入頂いたFAX番号へ、翌営業日18時までにお申込み受付のお知らせを送信致します。お客様の通信状況等により、FAXが届かない場合がございます。その場合、お手数ですが弊社までご連絡下さい。FAX番号の記載がない場合のご連絡は致しておりません。
インターネットによるお申し込みの場合もFAXによるお申し込みの場合も受講料をご入金いただいた後で、当社に「入金確認メール」をお送りいただく手続きとなっており、当社で入金確認ができますとEメールにて入金確認させていただいた旨のご連絡を差し上げております。
振込み用紙は送ってくれるの?
振込用紙のご用意はございませんので、お手数ですが金融機関窓口又は郵便局窓口に備え付けの振込用紙等をご利用の上、お振込みください。
申込みしたあと、その後の手続きは何かありますか?
「インターネットによるお申込み」「FAXによるお申込み」のそれぞれでお申込み後に「お支払い」「お支払いの連絡」の手続きをいただくようになります。詳しくはこちらでご確認ください。
ホームページで残席欄に○のついた講座は、まだ申し込みできるということですか。
はいお申し込みが可能です。
<表示例>
  ○ … 残席あり
  △ … 残席数5席未満
  × … 残席なし
但し、お申込受付は、先着順とさせて頂いております。お申込みのタイミングによってはお席を確保できない場合がございます。その際は、こちらからご連絡させて頂きますので、予めご了承下さい。
申込み方法を教えて下さい。
申込みはインターネットによる場合とFAXによる場合がございます。お電話でのお申込みは間違い防止のため受付いたしておりません。詳しくはこちらでご確認ください。
申込みから受講までの手順を教えて下さい。
申込みからご受講いただくまでに4つのステップの手続きがございます。詳しくはこちらでご確認ください。
特例一種の受験対策講座はありますか?
特例第一種の受験対策講座は、2日間の公開講座カリキュラムのうち、2日目の午後(有害業務)のみ受講となります。詳しくはこちらをご確認ください。。
2日続けて受講ができません。分けて受講は可能ですか?
公開講座の1日目と2日目を分けて別日程で受講することは、お席をそれぞれ確保しなければならないためにお断りしております。
どうしても、予定が合わない場合には、公開講座を受講された方だけに販売しております科目別DVDをお求めの上、ご自宅で学習されることをお勧めしています。
○月○日の△△会場で行われる講座の残席は、まだありますか?
残席状況は各地域の公開講座の案内ページに残席状況を以下のように表示させていただいておりますのでご確認ください。
<表示例>
  ○ … 残席あり
  △ … 残席数5席未満
  × … 残席なし
但し、お申込受付は、先着順とさせて頂いております。お申込みのタイミングによってはお席を確保できない場合がございます。その際は、こちらからご連絡させて頂きますので、予めご了承下さい。

請求書・領収証、入金予定

請求書や領収証は発行していただけますか?
インターネット申込の場合、請求書は「お申込み受付のお知らせ」メールを送信後、別途翌営業日18時までにメールにて発行します。なお領収証は希望される場合のみ下記方法にて発行いたします。
FAX申込の場合、請求書および領収証は希望される場合のみ、下記方法にて発行します。
尚、実務セミナー等は、請求書および領収証は希望される場合のみ、郵送にて発行します。

申込方法 支払方法 メールアドレスの記載有無 本体価格(税抜) 請求書 領収書
インターネット クレジット 有り
※インターネットからのお申込みでメールアドレスの記載のない場合は、お申込みできません。FAXにてお申込み下さい。
すべて メール メール
銀行振込
郵便振替
代引き
5万円未満
5万円以上 郵送
FAX 銀行振込
郵便振替
代引き
有り 5万円未満 メール メール
5万円以上 郵送
無し すべて 郵送

※領収証は、本体価格が5万円以上の場合、収入印紙の貼付が必要なため郵送にて発行します(クレジット決済を除く)。
請求書や領収証はどのように発行請求すればいいですか?
インターネット申込の場合、すべてのお申込みに対して、請求書は「お申込み受付のお知らせ」メールを送信後、別途翌営業日18時までにメールにて発行します。領収証の発行を希望される場合は、お申込フォームの所定欄にて「発行希望」とし宛名を選択下さい。
尚、実務セミナー等は、インターネット申込であっても、請求書および領収証は希望される場合のみ発行します。そのため、お申込フォームの所定欄にて「発行希望」とし宛名を選択して下さい。
FAX申込の場合、請求書および領収証は希望される場合のみ、所定欄にて「希望する」とし宛名を選択して下さい。
請求書到着後1週間後に振込み予定です。FAX申込書にある入金予定日はどう書けばいいの?
入金予定日が予めお分かりになっている場合は、具体的に「○月○日」とご記入ください。今回ご相談のようなケースでは「請求書到着後1週間後」とご記入ください。
当日教室に講座代金を持参してよいですか?
講座代金を当日会場でお支払いいただくことはできません。講座受講料は講座開始日の1週間前までにお振込み又はカードにてお支払いくださいますようお願いいたします。

受講証・修了証

受講証はいつ送られてくるのですか?
講座の受講証(会場略図含む)、講座開催日の1週間前を目安に記載のメールアドレスにお送り致します。記載のない場合はFAXにて、いずれの記載もない場合、もしくは記載内容が不明瞭な場合は郵送致します。なお、実務セミナー等は、全ての受講者へ講座開催日1週間前を目安に郵送致します。
修了証は発行していますか?
衛生管理者講座の修了証は発行いたしておりません。例えば、会社に講座を受講したことを証明しなければならない場合などは、受講証に参加されたことを証明する受付印を押印させていただきますので、受講証を修了証に代わるものとしてご利用くださいますようお願いいたします。

欠席時のフォロー

急遽出席できなくなりました。代わりの者の参加を認めてもらえますか?
講座開始日の前日までであれば、代わりの方のお名前をご連絡いただくだけで、代理でのご参加が可能です。
お電話又はEメールにてご連絡ください。

講座実施の可否

申し込んだ講座が実施されないこともあるのですか?
原則として予定した講座が実施されないことはありません。ただし、地震や風水害などの自然災害や交通機関の長期的な停止状況(事故やストライキ等)等の特殊事情により実施できない場合があります。この場合は、できるだけ受講者宛に事前に通知することで「延期」又は「中止」の旨のご連絡をいたします。やむなく事前連絡ができない場合も想定されますので、こうした特殊事情が発生していると予見される場合は、講座当日の朝に事務局宛に実施の可否をご照会くださいますようお願いいたします。

教材

教材の事前送付

教材を講座開始前に事前に自宅等にお送りいただくことはできますか?
教材は講座当日に会場受付にて配布させていただいており、事前発送はいたしておりません。事前発送を省略させていただいている理由は、弊社では衛生管理者試験の出題傾向の変化にタイムリーに対応させていただいており、教材の事前発送をいたしますと講座当日に配布する教材と一部内容が異なってしまう恐れがあるためです。講座には早い方で約3ヶ月前からお申込みいただいており、この期間中の個人別の配布教材の管理が困難であることから何卒ご理解くださいますようお願いいたします。

教材改訂

教材はどのくらいの頻度で改訂しているのですか?
ほとんどの教材の見直しは原則として四半期に一回(3ヶ月に1回)の割合で行っております。この見直しにより教材の微修正を行い、丸わかりテキストや精選問題集、これだけノート等の主教材の大改訂は概ね1年毎に行っております。また、直近の出題傾向に対応するため「直前予想問題」という資料をご用意いたしており、この資料は出題傾向が変化する都度、随時改訂いたしております。当社では常に新しい出題傾向に対応すべく教材の製作には細心の注意を払っておりますのでどうぞご安心してご受講ください。
教材は実際の試験にどの程度対応しているのでしょうか?
教材ごとに試験範囲に概ね以下の割合で対応しています(一部、本試験の出題される問題によって割合が異なる場合があります。)。
       ○丸わかりテキスト…概ね95%程度
       ○精選問題集…………概ね85%程度
       ○これだけノート……概ね75~85%程度
教材の対応率について100%を目標としたいのですが、試験ですので新しい出題傾向で出題されたり、深く掘り下げた難易度の問題などが出題されることがあり、なかなか100%の対応率とは言えませんが、受験機関として常に対応率を高めるべく努力させていただいております。
新しい法改正に対応していますか?
法改正内容にはきちんと対応しております。弊社では法改正がある都度、教材を見直し・修正をかけておりますのでご安心ください。

教材の品質

公開講座で配布される教材のみで合格できますか?
公開講座で配布させていただいている教材のみで十分合格できます。
公開講座で配布させていただいている教材はこちらでそれぞれの内容をご確認ください。
 ○WEB動画による教材紹介
 ○ホームページでの教材紹介
ホームページ上の写真で見るテキスト類は、他の受験機関の教材より厚みがなく薄いけれど大丈夫ですか?
弊社のテキスト類は確かに厚みがありません。これは受験対策に必要な最低ラインの内容を掲載しているためであり、余分な情報がほとんど掲載されていないためです。弊社では効率よく短期合格していただくために不要な知識は全て排除しています。弊社の効率的な教材にご期待ください。

市販の教材

市販のお勧めの問題集を教えてください。
市販されている問題集の中でお勧めは弊社代表の山根義信監修の以下の2冊です。
  第1種衛生管理者「実践模擬問題集」評言社発行 2,100円
  第2種衛生管理者「完全合格ドリル」評言社発行 1,680円
この問題集は過去の頻出問題と新しい出題傾向の問題を編纂して全10回分の演習ができるものです。ご自身の学習の進捗状況を点数で把握しながら、合格可能性を判定する場合や答案練習を行いながら着実に実力が養成されます。当社お勧めの書です。
ウェルネットが発行している市販教材の入手方法は?
一般書店でご購入いただけますが、近隣に書店がないなどのご事情がある場合は、弊社ホームページから書籍の画像をクリックしてAmazonを通じてご購入いただくことができます。
他で買った問題集とかも勉強した方がいいですか?
あれこれと学習教材の手を広げることはお勧めできません。弊社の教材をまずはしっかりと学習していただき、それでも学習時間に余裕がある場合に市販の教材で学習されると良いでしょう。弊社では弊社講座に受講いただいた場合、市販教材は「原則として必要なし」と考えています。

その他

教材をなくしてしまったのですが、再配布してくれますか?
ご本人様の責めに帰すべき理由による場合は、大変恐縮ですが有料で改めてご購入いただくようになります。但し、受講終了日より4ヶ月以内とさせて頂きます。定価・購入方法については事務局にお気軽にお問い合わせください。
都合により講座を受講できないのですが、教材のみを廉価で購入することはできますか?
講座にご受講いただけない場合の教材のみの販売はいたしておりません。教材のみの場合も講座受講料をご負担いただいておりますので何卒ご了承のほどお願いいたします。

DVD講座

DVD講座と公開講座ではどちらの講座の方がお薦めですか?
どちらの講座も当社が自信をもってお勧めいたしております。どちらの講座を選択されるかは、ご自身のお住まいの地域、学習スタイルなどを考慮してお決めになるとよいでしょう。公開講座に参加困難な地域にお住まいの場合や公開講座の開催日程に都合がつかない場合、何回も繰り返して講義聴講したい場合などはDVD講座がお勧めです。詳しくはQ4の「DVD講座と公開講座のそれぞれの長所・短所」をご参照ください。
DVDコースでも合格完全保証制度はありますか?
DVD講座は何回も繰り返してDVD講義をご聴講いただくことができることから、合格完全保証制度はご用意いたしておりません。万一の不合格の際には、再度、繰り返しDVD講義を聴講し、徹底して問題演習を行って再チャレンジしてください。必ず合格いただけるものと確信いたしております。
DVD講座と公開講座の違いはありますか?
 
公開講座
DVD講座
講師 講座ごとに異なります。 ウェルネット専任講師 山根裕基
講義時間 第1種 約11時間20分
第2種 約8時間30分
特例第1種 約2時間50分
理解度テスト約1時間を含む。
第1種 約8時間
第2種 約6時間
特例第1種 約1時間50分
理解度テストの時間は含まず。
受講期間 4ヶ月間 6ヶ月間
講義内容 内容解説は原則として同じ。公開講座には具体的な出題例の解説を含みますが、DVD講座は内容解説のみで具体的な出題例の解説はなく問題集でご自身で確認していただくようになります。
DVD講座と公開講座のそれぞれの長所・短所を教えてください。
 
DVD講座
公開講座(通学)
利点 ・都合のいい時間に聴講できる
・繰り返し聴講できる
・居住地に関係なく受講できる
・公開講座のように日程調整する必要がない
・出題傾向の変化等を踏まえたタイムリーな講義が聴ける
・不明点はすぐ講師に質問できる
・他の受験生のモチベーションが伝わり、動機づけられる
欠点 ・モチベーションの維持が困難
・質問回答に時間が掛かることがある
・他の受験生のモチベーションが伝わらない
・講座開催日程に自分の都合を合わせなければならない
・地域的、時間的な事情により参加できない場合がある
特例1種受験対策用のDVD講座はありますか?
はい、ございます。特例第1種の教材一式は、第1種用のものを使用しています。また、DVDは、通学講座の2日目午後の講義と同一内容で、特例第1種DVD講座用に収録したものです。予め、ご了承下さい。

その他

ウェルネットの事業等

ウェルネットは他にどんなことをしている会社なのですか?
ウェルネットは、経営コンサルタント業を営む会社です。主に以下の事業を行っています。
 ○会社概要
 ○ウェルネットのホームページ
他にも資格取得対策講座をやっていますか?
弊社が公開講座方式で開催しているのは「衛生管理者受験対策講座」「安全管理者選任時研修」「危険物取扱者乙種第4類」「派遣元責任者講習」「安全衛生推進者等養成講習」「職長・安全衛生責任者教育」「ストレスチェック実施者養成研修」の7つとなっており、他の資格取得対策講座は行っていません。弊社では労働関係コンサルティングを主に行っているという事業特性から現在はこの7つに絞って講座を開設させていただいております。何卒ご了承くださいますようお願いいたします。

合格後のサポート

講座のおかげで合格できましたが、実務について教えてくれる講座はないの?
ウェルネットでは、衛生管理者として初めて業務に従事する方の初任時教育として、また衛生管理者として5年以上業務に従事する方の定期教育として 「衛生管理者実務・実践講座(能力向上教育・法定講習)」を開催いたしております。こちらをご確認下さい。
 ○衛生管理者実務・実践セミナー(能力向上教育・法定講習)
非常によい講座でしたので、他に研修メニューがあれば教えてください。
弊社が実施可能な企業研修メニューは企業研修(講師派遣)のページをご覧下さい。企業様の実態やご要望に合わせてカスタマイズいたしますのでお気軽にお問い合わせいただければ幸いです。
 ○企業研修(講師派遣)
試験に受かったあとも実務で分からないことがあったら教えてくれますか?
弊社はコンサルタント会社であるため、実務的なご質問にも十分対応が可能ですし、軽微な実務相談に関しましては無料でご相談をお受けいたします。ただし、社内に必ずしもご質問をお受けするコンサルタントが常勤しているわけではありませんので、回答に少しお時間をいただく場合がございます。
また、弊社はコンサルティングそのものを業といたしておりますので、ご相談の内容によっては有料とさせていただくことがございますので予めご了承いただければ幸いです。
尚、試験合格後のサポートとして「衛生管理者実務・実践セミナー」を開催いたしておりますので、一度ぜひご参加をご検討いただければ幸いです。

その他

ウェルネットの個人情報保護対策を教えてください。
ウェルネットでは平成19年12月1日より個人情報マネージメントシステムを導入・運用開始いたしており、お客様の個人情報について個人情報保護法に基づいて適切に保護させていただいております。また現在、一般財団法人日本情報経済社会推進協会のプライバシーマークを取得しております。
当社の個人情報保護方針はこちらにてご確認ください。
身体障害者ですが、受講に配慮してもらえますか?
過去には何人もの身体障害者の方に講座にご参加いただき合格していただきました。例えば、同行される手話通訳の方のお席の確保など、障害の内容・程度に応じてご相談に応じますので、まずはお気軽に事務局宛、お電話等でご相談ください。(フリーダイヤル0120-183-959迄)
友人・知人を紹介した場合に、紹介された人が割引されるとか紹介した人に手数料が支払われるといった紹介制度はありますか?
誠に申し訳ありません。こうした紹介制度はご用意いたしておりません。
受講料の割引制度はありますか。
原則として受講料の割引制度はございません。どちらのお客様にも公平さと平等さを提供するために個別の値引き交渉などにも一切応じておりません。講座の講義内容や教材の品質には自信があり、また価格以上のサービス水準で合格に向けて支援させていただいておりますのでご理解いただければ幸いです。尚、受講者数が多い場合には企業研修(講師派遣)をご提案させて頂きますので、そのような場合はお気軽に事務局までお問い合わせください。